【推奨教材】坂本七郎 サクラサク高校受験 体験記




始めて、高校受験を指導することになった時に、参考のために購入した教材の中で、これだと思ったのが、坂本七郎先生の‘サクラサク高校受験勉強法’でした。

保護者にも、指導者にも、子どもにも、それぞれにとってとても参考になる教材だからです。

サクラサクシリーズは3部作です。

サクラサク中学受験Jr. (主に小1~小3向け)
サクラサク中学受験(主に小4~小5向け)
サクラサク高校受験(主に小6~中3向け)

ここでは、サクラサク高校受験について、お話しを初めていきます。

サクラサク高校受験 勉強法

サクラサク高校受験勉強法とは、実力にあった参考書を、勉強計画に基づいて、計画的に勉強していく勉強法です。

もちろん、”サクラサク高校受験”で、すべてのタイプの高校受験がOKというわけではありませんが、偏差値60位までの公立高校受験には、特に適した教材だと思います。

公立高校受験生のタイプ別勉強法

ここでは、実力テストの偏差値が30~60位の受験生の勉強方法について考えて見ましょう。
下の内申点と偏差値の基準は東京都のものです。

授業がある学期中の勉強は、下記のとおり進めていきます。

偏差値30~40、内申点がオール2から2と3が半々のレベル
教科書、教科書ガイド、教科書ワークを使って、徹底的に教科書レベルをマスターします。
市販の教科書ワークについては、補助的に使用します。

偏差値40~45、内申点がオール3のレベル。
教科書、教科書ガイド、教科書ワークを使って、徹底的に教科書レベルをマスターします。
市販の教科書ワークの基本問題はやりきるようにしましょう。

偏差値45~50、内申点が4が1から2個で、残りが3
教科書、教科書ガイド、教科書ワークを使って、徹底的に教科書レベルをマスターします。
市販の教科書ワークは、応用問題も含めてやりきるようにしましょう。

偏差値45~50、内申点が4が1から2個で、
教科書、教科書ガイド、教科書ワークを使って、徹底的に教科書レベルをマスターします。
市販の教科書ワークは、応用問題も含めてやりきるようにしましょう。

偏差値50~55、内申点がオール3、4も3から4個
教科書、教科書ガイド、教科書ワークを使って、徹底的に教科書レベルをマスターします。
市販の教科書ワークは、応用問題も含めてやりきるようにしましょう。

偏差値55~60、内申点がオール、4も3から4個
教科書、教科書ガイド、教科書ワークを使って、徹底的に教科書レベルをマスターします。
市販の教科書ワークに加えて、やや難易度の高い問題集を追加し、教科書ワークをメインに、難易度の高い問題集をサブに使って勉強していきます。

 

サクラサク高校受験がが教えてくれること

サクラサクが教えてくれるのは下記の4つのことがらとなります。

①参考書の選び方
②参考書の使い方
③スケジュールの立て方
④スケジュール管理の仕方

塾選びを考える前に是非手にとってみてくださいね。

サクラサク高校受験 勉強法




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です