オンライン学習のUdmeyで英語のコピーライティングを勉強してみた。




2020年の大学入試改革を前に英語の4技能の強化が叫ばれています。「聴く」、「話す」、「読む」、「書く」の4技能の内であなたが一番興味をもっているのはなんでしょうか?

私が今一番興味を持っているのが「書く」技能 “writing”です。

Free-Photos / Pixabay

前々から一度試して見たかった “Udmey”のコピーライティングの授業を受講することにしました。
選んだコースは、その名も”Amazon Copywriting Master Cource”。

このコースは、Amazonに出品している作品の広告をどのように書くと、商品の売り上げを上げることができるかという、実務的なコースです。

Udmeyは、開発、ビジネススキル、ファイナンス、起業、コミュニケーション、チームマネジメントなど、ビジネスに必要なコースを提供しています。


Udmeyのトップ画面から最初にすること

 

Udmeyのトップ画面から、まずは、コースを検索します。Amazon Copywriting Master Courceの場合は、”copywriting”で検索しました。

次に、コースの「レベル」、「言語」、「特徴」、「価格」から選択をします。レベルは初級者、中級者、上級者の3段階、言語はなんと47言語、特徴は、講義だけ、テストあり、コーディングの実技あり等に分かれています。そして、値段は、有料と無料のコースが存在します。

さて、コースを絞りこんだら、コース概要、評価、評価の数、値段等から自分に合ったコースを選んでいきます。コピーライティングのコースは、一つのコースが約3時間ぐらいのものが多いようでした。

評価が高かったこと、Amazonの商品購入率を上げるという目標が解りやすかったことから、ビデオを見て購入を決めてしまいましたが、無料のものもしっかりチェックすればよかったです。

受講の感想は、後日アップします!

Udemyで今年最大のセール実施中。対象のオンラインコースが全て¥1200!学ぶなら今!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です