ビルゲイツの個人ブログで、英語とミリオネアマインドを手に入れる。




ネットを検索していたら、思いがけないサイトに遭遇することがあります。最近ハットしたのが、”Gates Notes“と言うサイトです。Gatesというえば、マイクロソフトの創設者のビルゲイツ。ビルゲイツの個人ブログがGates Notesです。

 

ビルゲイツのブログのカテゴリー

 

ブログのテーマは、4つの分野に分かれています。さすが、ビルゲイツのブログだけあって、格調高いカテゴリーですね。これこそが、マイクロソフトを早々と引退して、やりたかったことなんだと思わせます。

●Saving lives(人類を救う)
●Energy innovation(エネルギー革命)
●Improving education(教育の改善)
●Books I’m reading(私の読書記録)

それぞれのカテゴリーのアイコンは、こんな感じです。

 

 

ビルの2017年に読んだ本ベスト5

 

さて、その中で今日お話したいのが、”Books I’m reading”で、ビルゲイツが公表している”今年のベスト”について。

ビルゲイツは読書家としても有名で、毎年年末にはその年に読んだ本のベスト5をこのブログで発表しています。

数々の本から選んだ2017年のベスト5は、下記の5冊。イタリックになっているタイトルをクリックすると、各書籍に対するビルゲイツの書評を見ることができます。

原文英語に簡単な訳をつけてみました。

The Best We Could Doby Thi Bui. This gorgeous graphic novel is a deeply personal memoir that explores what it means to be a parent and a refugee. The author’s family fled Vietnam in 1978. After giving birth to her own child, she decides to learn more about her parents’ experiences growing up in a country torn apart by foreign occupiers.
ベトナム移民の女性が、両親が育ったベトナムの植民地時代を探索する話。

Evicted: Poverty and Profit in the American City, by Matthew Desmond. If you want a good understanding of how the issues that cause poverty are intertwined, you should read this book about the eviction crisis in Milwaukee. Desmond has written a brilliant portrait of Americans living in poverty. He gave me a better sense of what it is like to be poor in this country than anything else I have read.
アメリカにおける貧困の内政化について、アメリカミルウォーキーを舞台に、アメリカの貧困生活者の実態を描いている。

Believe Me: A Memoir of Love, Death, and Jazz Chickens, by Eddie Izzard. Izzard’s personal story is fascinating: he survived a difficult childhood and worked relentlessly to overcome his lack of natural talent and become an international star. If you’re a huge fan of him like I am, you’ll love this book. His written voice is very similar to his stage voice, and I found myself laughing out loud several times while reading it.
異形のコメディアンエディー・イザードの自伝。困難な少年時代と才能不足を克服し、国際スターになるまでの物語。

The Sympathizerby Viet Thanh Nguyen. Most of the books I’ve read and movies I’ve seen about the Vietnam War focused on the American perspective. Nguyen’s award-winning novel offers much-needed insight into what it was like to be Vietnamese and caught between both sides. Despite how dark it is, The Sympathizer is a gripping story about a double agent and the trouble he gets himself into.
アメリカ側の視点から見たベトナム戦争ではなく、ベトナム移民がアメリカとベトナムの板ばさみになりながらも生き抜く姿を描いた作品。

Energy and Civilization: A History, by Vaclav Smil. Smil is one of my favorite authors, and this is his masterpiece. He lays out how our need for energy has shaped human history—from the era of donkey-powered mills to today’s quest for renewable energy. It’s not the easiest book to read, but at the end you’ll feel smarter and better informed about how energy innovation alters the course of civilizations.
エネルギー抗争の歴史をエネルギー資源の変遷とともに描いた作品。

引用元:https://www.gatesnotes.com/About-Bill-Gates/Best-Books-2017

 

ビルゲイツの文章はプログラミングみたい

 

ここでは、上記の3冊目のコメディアン、エディー・イザードの自伝についての、ビルゲイツのブログの書き出しを取り上げたいと思います。ビルゲイツの文章って、上手いのですが、何気にプログラミングみたいだと思ったので・・・。原文英語、妙訳、【コメント】の順番ですのでよろしくお願いします。

Trans Atlantic humor

Eddie Izzard is a comic genius

 I’ve recently discovered that I have a lot in common with a funny, dyslexic, transgender actor, comedian, escape artist, unicyclist, ultra-marathoner, and pilot from Great Britain. Except all of the above.
このイギリス出身の、愉快で、識字障害で、トランスジェンダーの、俳優、且つコメディアン、且つ脱出マジックの達人、且つウルトラマラソン走者、且つパイロットと私には数々の共通点があることに最近気がついた。上記の特徴はどれ一つとして共通ではないが・・・。【この括弧でくくって、最後に全部処理するみたいな・・・】
Eddie Izzard is one of my favorite performers. Melinda and I had the pleasure of seeing one of his comedy shows live in London, and then we got to talk with him backstage after the show. So I was excited to pick up his autobiography, Believe Me. It was there that I learned for the first time that Izzard and I share a lot of the same strengths and weaknesses. エディー・イザードは、私の好きな芸人に一人です。ミランダと一緒にロンドンでライブショーを見たこともあります。ショーの後、楽屋で話をする機会がありました。なので、彼の自伝”Believe Me”が出版されると真っ先に手に取りました。読んでみると、良いところも悪いところも、私たちには沢山の共通点があることに気づいたのです。【プログラミングとは関係ないのですが、ビルゲイツの場合、何しろ有名人なので、かなりの確率で、本の著者と面識があります。このあたりは好みが分かれるかも・・・】

As a child, Eddie was nerdy, awkward, and incompetent at flirting with girls. He had terrible handwriting. He was good at math. He was highly motivated to learn everything he could about subjects that interested him. He left college at age 19 to pursue his professional dreams. He had a loving mom who died of cancer way too young. 子どものころのエディーは、がり勉で、ぎこちなくて、女の子と話すのが苦手でした。興味を持った事柄については、何でも知りたがりました。19才で夢を求めて、大学を中退しました。幼い頃最愛の母をガンで亡くしています。

I can relate to every one of these things. 上記については、一つ一つすべてが、私と共通しています。【さすがな文章構成力ですね。】

引用元:https://www.gatesnotes.com/Books/Believe-Me

個性的で、チャーミングなビルゲイツのブログについての記事でした。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です