【自立教育】モンテッソーリ教育を我が家で取り入れる方法




将棋棋士の藤井総太四段も受けていたということで、一躍、認知度が高まったモンテッソーリ教育。「とても興味はあるけど、我が家ではどうしたらいいか解らない」という場合は、まずモッテッソーリ教育の手法をどうやって、家庭に取り入れるかを考えて見たいですね。

 

モッテッソーリ教育とは

 

モンテッソーリ教育(モンテッソーリきょういく、Montessori education または the Montessori method)は、20世紀初頭にマリア・モンテッソーリによって考案された教育法。

イタリアローマ医師として精神病院で働いていたモンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見せ、1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになる。

 

卒業生がものすごいことに

 

幼児の発達ステージに合わせた感覚教育を通して、自立した人材を育成することが目的としていて、モンテッソーリ教育機関の卒業生には、世界中で数多くの有名人が輩出している。

  • アンネ・フランク (「アンネの日記」著者)
  • キャサリン・グレアムワシントン・ポスト経営者、ジャーナリスト)
  • ジェフ・ベゾスAmazon.com創立者)
  • サーゲイ・ブリンGoogle創立者)
  • ラリー・ペイジ (Google創立者)
  • ジミー・ウェールズウィキペディア創設者)
  • ウィル・ライトシムシティ開発者)
  • ピーター・ドラッカー (社会学者)
  • ジョージ・クルーニー (映画俳優、監督)
  • ケンブリッジ公ウィリアム王子イギリス王室成員)
  • ヘンリー王子 (イギリス王室成員)
  • 藤井聡太将棋棋士

  出展:ウキペディア

 

そうそうたるメンバーですね。益々、モッテッソーリ教育に興味が沸いてきます。

 

モンテッソーリ教育の始め方

 

モッテッソーリ教育に関する書籍は、すでにたくさん出版されています。しかし、モンテッソーリ教育の本当の目的を知るために、マリア・モンテッソーリ自身の著作に直接触れて見てください。日本モンテッソーリ総合教育研究所の刊行物で、一般の書店では手に入らないとのことなので、日本モンテッソーリ総合教育研究所に直接お問合せください。

日本モンテッソーリ総合教育研究所のお問合せ先(⇓)はこちらです。
http://sainou.or.jp/montessori/books/index.php

 

モンテッソーリ教育では、幼児の感覚を鍛えるために様々な道具(教材)を使用します。書籍を読んで興味が進んだら、教材(道具、おもちゃ)を試してみたいですよね。

ネットでモンテッソーリ教材で検索すると、多くのサイトが検索できます。サイトから教材を購入するも良し、自作の教材やその作り方をアップしているサイトもたくさんあるので、それを参考に手作りするのもありではないでしょうか?

それにしても、モンテッソーリ教育、大変な盛り上がりですね。でも、調べれば調べるほど、すばらしいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です