【オンライン英会話】Native Campは、かなり使いやすい






【ネイティブキャンプ】

Native Campの7日間無料トライアルに挑戦してみました。Native Campの魅力は授業がとり放題で4,980円と言う価格設定。7日間の無料トライアルを申し込むと500ポイントの講義予約権がついてきました。予約に必要なポイントは、Non-nativeの講師が授業一コマ100ポイント、Native講師が授業一コマ500ポイントという仕組みになっています。

 

Native Campはマーケティングが上手いです。加えて、講座の内容も魅力的です。講師の質も良いし、コースも充実しています。システムも使いやすいです。

 

なので、あまり不満はないのですが、あえて問題点を指摘すると、講師の予約に追加料金がかかるケースが多いので、お気に入りの先生を最終的な授業料が4,980円の月額基本料金より、高くなってしまう可能性が高いことでしょうか。

 

(平成29年10月11日現在)

 

システムの使い勝手(☆☆☆☆☆)

 

Native Campは、Skypeではなく独自のアプリで授業を受けるシステムです。システムはかなり使いやすいです。また、フィリピンの講師は、各自の自宅で授業するのではなく、ティーチングセンターからアクセスしているケースが多いようです。

 

講師の質(☆☆☆☆☆)

 

登録講師の数は多いです。講師の給料は講義時間ではなく、拘束時間で発生するシステムのためか、講師の質とやる気が安定しています。

 

講師は主に下記のとおりです。

 

★フィリピン人講師

★セルビア人講師

★イギリス人講師(ネイティブ講師)

 

授業のコースの数も多く、それぞれの授業を担当する前には、研修を受けて合格しなければならない仕組です。授業の構成はコースごとに決まったいて、授業はテンポよく進んでいきます。

 

ノンネイティブの講師の発音が気になる場合は、実践発音のコースを担当しているかどうかがひとつの判断の目安。また、フィリピン人講師の場合コールセンターに勤務した経験のある講師は、流暢なアメリカ英語を話す確率が高いです。また、ほとんどの講師について動画がアップされているので、講師の声や話かたを聞いてから、講師を選ぶようにしてください。

 

コースの内容(☆☆☆☆☆)

 

★初級英会話

★ビジネス英会話

★カランメソッド

★TOEIC

★フリートーク

★実践発音

 

など、様々なコースがあります。強いて言えば英検対策がかけているかなと思いますが、初球から上級までしっかりと英語を勉強することができます。また、コースを選択するまえに日本人カウンセラー(無料)に相談するのもおすすめです。予約をすると授業料は多少高くなりますが、受講するコースを選んだら、講師も予約で固定して、同じ講師で一つのコースを勉強する方が学びは深くなる気がします。

 

料金(☆☆☆☆☆)

 

授業を予約で受けると月額授業料は、他のオンライン講座より高くなってしまうというデメリットはありますが、システム、講師、コース内容を考えると高くはないでしょう。

 

★授業取り放題で基本料金月額4,980円

★代表者の家族は月額1,980円で授業取り放題

★予約料はポイント制で、ネイティブ講師が一コマ500円、ノンネイティブ講師が一コマ100円

★カランメソッドは、予約でのみ授業可能

★7日間の無料トライアルを受講するとトライアル無料+500ポイントの予約ポイント付与

 

7日間の無料トライアルはなんといってもお勧め。週末を挟んでどんどん挑戦して見てください。


<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TT7YW+1KK78Y+35VG+6L1Y9″ target=”_blank” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”316″ height=”252″ alt=”” src=”https://www27.a8.net/svt/bgt?aid=171004568095&wid=001&eno=01&mid=s00000014758001106000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=2TT7YW+1KK78Y+35VG+6L1Y9″ alt=””>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です