【ハーバード記事】右脳と左脳ーどっちがどっちだ!




人口の90%はいわゆる右利きであるといわれているようですが、その本当の理由はどうもまだ解明されていないようです。

 

ハーバード医学部の情報サイトで、「右脳派・左脳派はの違いは、使う脳の場所とは関係ないらしい」という内容の記事を見つけました。著者は、ロバート・シマーリング博士(Robert H. Shmerling,MD)。一般的に右脳派はクリエイティブ文系タイプ、左脳派は理路線税とした理系タイプと考えられているですが、

● 右脳派 → 脳の右側つまり右脳を使う人

● 左脳派 → 脳の左側つまり左脳を使う人

という考え方はちょっと違っているようです。
 

Right brain/left brain, right?

Robert H. Shmerling, MD, Faculty Editor, Harvard Health Publications

If you’re like me, you learned that about 90% of people are right-handed and much of the reason is genetic. And that’s true, although it remains a mystery why our genetic evolution led to so many more righties than lefties).

 

右脳派 vs 左脳派

 

右脳派は直観的で創造的な自由人、左脳派は客観的で分析的な常識人といように一般的には考えられています。人間の性格や行動には、「右脳派」と「左脳派」に分類される特徴があることは事実。

 

しかし、右脳派あるいは右脳優先というのは、右脳の方が左脳より発達している人、あるいは、右脳を使うのが上手な人というわけではなく、脳の機能の中で直観力や創造力に関連する部分を使うのが得意な人というのが実情のようです。

 

誰でも右脳と左脳を平等に使っている

 

「右脳派」「左脳派」という分類はあくまで、思考や行動の特性を示したもので、実際の人間の脳の機能を表すものではないらしい。2013年にアメリカのユタ大学が発表した研究によれば、人間は右脳と左脳を同時に同じ程度動かしているようです。

An Evaluation of the Left-Brain vs. Right-Brain Hypothesis with Resting State Functional Connectivity Magnetic Resonance Imaging   Jared A. Nielsen 

7歳から29歳までの1,000人の脳を7,000の部位に分類し、右脳、左脳の間で使用する量に違いが見られるかを、ブレインスキャンで実験した結果によれば、作業の違いによって、右脳と左脳を動かす量が異なる結果にはなりませんでした。

 

まとめ

 

右脳派が右脳を優先的に使い、左脳派が左脳を優先的に使用するわけではないことは事実であるとしても、右脳的といわれる、「直観力」、「創造力」を鍛える方法が、存在しないわけではないようだ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です