中学受験なら、専門の家庭教師に「中学受験ドクター」に相談してみませんか? 






私立中学と公立中学では学習環境は大きく異なります。生徒のレベルが比較的均一な私立中学と、公立高校受験の偏差値が30から70の生徒が同じクラスで勉強する公立中学では授業の質に違いがでるのは止むを得ないことです。一方、成績の良い子が、小学校から大学まで、均質な環境で育つことで、経験しそこなうこともあるでしょう。

さて、中学受験と一口にいっても、事情は様々です。

まず、受験の志望校によって、大きく私立受験と国公立受験に分けることができます。

私立受験の場合には、私立大学の付属校にするか、私立中高一貫校に進学するかを偏差値との兼ね合いで決めていきます。

国公立受験の場合には、私立も併願し、タイプの異なる私立と国公立の受験勉強を両立させるか、志望校は国公立一本に絞り、志望校に不合格となったら地元の公立中学校に進学するかのいずれかとなります。

私立受験の場合は、小4に進学する頃に、SAPIX、日能研、早稲田アカデミー等のクラス分けテストを受験して、受験勉強を始めることになります。

国公立中学受験の場合は、上記のチュ学受験塾に加えて、それぞれの地域の国公立中学受験を専門にした塾がありますので、それらの塾で勉強することになります。

ちょっと話はそれるのですが、ここでもう一度、こどもの脳の発育と年齢のお話しをしたいと思います。

子どもの脳の成長

 

ではありますが中学受験には、脳の発達という見地からも正しいといえる根拠があるようです。

子どもの脳の成長は0-3才、3-10才、10-20才の3つの時期に大別することができます。

0-3才は、脳の神経細胞の数が大幅に減少すると同時に、前頭前野が発達してコミュニケーション能力が大幅に伸びる時期。家族が積極的に話しかけることで、コミュニケーション能力の中でも「聞く」能力、「話す」能力を伸ばして行きます。沢山の本を読み聞かせることで、自然に読む力をつけていくことも可能です。

3-10才の時期、前頭前野の発達は一段落しますが、「語彙力」をつかさどる側頭葉や前頂葉の神経細胞は成長を続けます。読書の幅と量を増やして、十分な基礎知識をつけたい時期です。

10-20才の時期に、前頭前野の神経細胞は、再び急激に発達します。これまで覚えた語彙に新しい知識や経験を結び付けて論理的な思考ができるようになります。この時期に幅広い経験を積むと同時に、幅広い読書によって知識の幅を広げていくことが大切です。

さて、「中学受験」に話を戻すと、小4~小6の中学受験の勉強期間は、10-20才の前頭前野の第二次発達期の初めにあたります。中学・高校の6年間は、この第二次発達期の中心となる期間です。

この期間に、その子に一番あった環境で勉強をさせたいというのは当然のことです。そして、その場合の選択肢として、私立の中高一貫校や大学付属中学の受験を中学受験する方法があります。

 

中学受験予備校vs個別指導塾・家庭教師

 

中学受験を考える保護者の方々は、まず最初にSAPIX、日能研、早稲田アカデミー等の中学受験予備校に通わせることを考えます。そして、その選択がぴったり合う子の場合は、それでいいと思います。

同時に、これらの受験予備校についていけなくて、個別指導塾とのダブルスクールをしたり、家庭教師をつけるご家庭もたくさんあります。中学受験の算数は特殊なので、算数だけのダブルスクールというケースもとても多いです。

その場合の問題点は何かというと、一般の塾には中学受験の特殊な問題を教えられる講師が少ないということなのです。

そういう保護者さんにお勧なのが、近年めっきり校舎を伸ばしている「中学受験ドクター」です。

【中学受験専門】個別指導塾ドクター
中学受験専門のプロ講師集団(元SAPIX・日能研・四谷大塚の講師)が運営しています。
これらのプロが直接ご相談をたまわり、オーダーメイドにて
お子様に合った受験学習を個別指導。

中学受験はとても特殊な試験で、教えられる講師が限られています。
確実に教えられる個別指導塾や家庭教師はほんとに少数です。

その点、SAPIX、日能研の指導経験者と集めた個別指導塾の存在は頼もしいですね。

とはいっても、個別指導や家庭教師はお子さんと先生との相性がとても大事ですので、
納得いくまで、先生を選んでくださいね。

 


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です