幼児英語の学習法は、始める年齢で替える




英語の勉強は何歳から始めればいいのか?

 

小さいお子さんの親御さんならば、気になるところでしょう。

 

2020年以降、小学校3年生から外国語活動がはじまり、5年生から正規の授業がはじまります。であれば、小学校3年生からスタートするのが正解かというと、もっと早くても大丈夫というのが正解でしょう。

 

英語の勉強を始める年齢については、ネットにもいろいろな情報が飛び交っています。

 

✔英語の勉強を開始するのが早すぎると、英語も日本語もどちらも中途半端になるという説

✔幼児の間にいろいろな国に移り住むことが危険な場合もあるが、日本に継続して住むのであれば、日本語がおろそかになることはないという説

 

など、いろいろな説があります。

 

結論としては、家で英語のDVDやCDを流す、英語の絵本を読み聞かせるというレベルであれば、「何歳から初めてもいい」というのが結論です。

 

まずは、ネットでお勧めの英語の絵本やDVDを探して、「読み聞かせ」や「流し聞き」から初めて見ましょう。

 

英語のリスニングができると可能性が大きく広がる

 

幼児の聴力は0才~3才の間に大きく成長するといわれています。日本語は母音の種類が非常に少ないため、日本人が母音の種類が多い英語や中国語を聞き取る時にはとても苦労します。0才から3才の子供に美しい英語に触れさせるメリットは、英語耳が自然に身につくことにあります。

 

日本語が先というのであれば、5才位から英語の勉強を始めるのも一つの方法です。

5才以降に始めるのであれば、それまでに日本語はしっかりと身につけておきたいですね。

 

10才を境に英語の聞き取り力は大きく低下してしまうようです。できれば、10歳までに一定量の英語は聞いておきたいものです。

識字率の低さが貧困の原因になっていると問題視されているインドの実験では、30才を過ぎた大人であっても、6カ月の集中研修で小学1年生レベルの読み書きができるようになったという結果が出ています。聞いて理解できる言語の読み書きを後で習得することは、聞き取ることができない外国語の読み書きを習得するより、遥かに簡単なようです。

まずは、10才までに英語耳を育てることが第一の目標かもしれませんね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です